MENU

眼精疲労で頭痛や目がかすむ人におすすめアロマケア

こんにちはNatsuです^^

本日は仕事やプレイベートでも目を酷使する時間が増えた現代の方へお勧めしたい眼精疲労のアロマケアです!

眼精疲労

目がかすんで重い、充血している、痛みがある、何故か涙が出るなど目を酷使すると疲れから様々な症状が現れます。

たいていはしばらくすると治りますが、睡眠や休息しても頭痛や肩こりなど全身に不快な症状が出てきた場合は眼精疲労です。

目や体を休め、睡眠を十分にとり、ビタミンを摂るなど考えられる原因を改善し、エッセンシャルオイルで目をいたわりましょう

目次

目の疲れを和らげる

お勧めアロマ

ローマンカモミール
古代バビロニア時代から薬草として活用されてきたハーブ。
リラックス作用や不眠を緩和、筋肉緊張にも対応するオイル。
リンゴのようなフルーティーな香りがします。

ラベンダー
目元の血行を促し疲労物質を除去
鎮痛作用が有名で筋肉痛にも

<使い方>
キャリアオイル15ml(大匙1)に上記のオイルを各1滴加え混ぜ合わせてから目の周りに塗り優しくなでる様にマッサージします。
目の上にホットタオルを置くとさらに疲れが取れます。
目の中にオイルが入らない様に注意しましょう!

目のかすみに

目がかすんでまぶしく感じたり、目の周りの筋肉がピクピク痙攣するなどの疲れを感じたら目をクールダウンさせましょう!

お勧めアロマ

ローマンカモミール

<使い方>

スプレー式容器に精製水60ml入れ、ローマンカモミール1滴垂らしよく振って混ぜ、目を中心に顔にスプレーします。

目の中にオイルが入らないように注意しましょう。

目の疲れによる首や肩の疲れに

目の疲労がたまると、肩や首がこり痛みを生じます。血行促進作用があるオイルで温めながら、コリをほぐしましょう。

お勧めアロア

フランキンセンス
”精油の王様”とも呼ばれ細胞を活性化させ、DNAの修復を促す。

<使い方>

ボウルや洗面器などに熱いお湯を七分目まで入れます。
フランキンセンス3滴を垂らし、よくかき混ぜたら薄めのタオルを浸します。
軽く絞って、目、または肩や首に当て温湿布をします。
目にオイルが入らないように注意しましょう

頭痛がひどい時

目の疲れから頭痛の症状が出てきてしまった場合は、無理せず休息、睡眠を長く確保しましょう。

お勧めアロマ

ペパーミント

フランキンセンス

<使い方>

10mlのロールオンボトルに無水エタノール8ml、ペパーミント10滴、フランキンセンス5滴を入れて完成!

こめかみや首の後ろの凡の窪(真ん中の凹んだところ)に塗布します。
ペパーミントとアルコールを組み合わせる事で頭痛の改善がされる研究報告があります。
無水エタノールと精製水を組み合わせて少しアルコールを薄めてもいいでしょう。
仕様は好みでアレンジしてみてください

目の充血

血管のふくらみによる目の充血は冷やしてケアをします

お勧めアロマ

ラベンダー

ローマンカモミール

<使い方>

カップに蒸留水を適量入れ、ラベンダーまたはローマンカモミールを1滴垂らします。
コットンを浸し軽く絞ったら、目の上に当て冷やしましょう!
目の中にオイルが入らないように注意しましょう

目の働きをサポートするアロマ

目は取り入れる光の調整したり、対象物にピントを合わせたりして画像を処理するための情報を脳に送る感覚器官です。目には様々な機能があるので、目の働きをサポートすることで疲れを軽減させましょう!

お勧めアロマ

レモングラス
疲労物質を除去、鎮痛作用、活性化、血行促進作用

サイプレス
血行を促し体機能をアップ、ホルモンバランス調整

レモン
中枢神経刺激、頭脳明晰化

ユーカリプタス
免疫調整作用、消炎作用、鎮痛、頭脳明晰化

さいごに

目の不調は他の症状の原因にもなるので悩まれている方は深い問題だと思います。

万年となると医者にもかからない人が多いのではないでしょうか。

病院に行けば目薬の処方になってしまうので、より体に優しく負担のない方法が望ましいと思います。

一度、古代から愛用されてきた植物の力をかりてみてはいかがでしょうか?

今回紹介した使い方は体に塗布するものも多いので、アロマエッセンシャルオイルは上質な物を使うことをお勧めします。

私が使用しているdoTERRAは最高品質CPTGマークを取得しているメディカルアロマです。

是非、この悩みが普通になっていた方が少しでも改善し、心も体も元気に生活できますように!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次