MENU

アロマがすぐ香らなくなるのはなぜ?ブレンドする時のコツ①

こんにちは!Natsuです^^

そろそろエッセンシャルオイルの使用にも慣れてきたらブレンドにチャレンジしてみたくなりませんか?

単純にブレンドするだけでは駄目なんです。

コツがあるので、今記事ではそのコツの紹介をしていきますね

ブレンドする時の4つのコツ

目次

好きな香りで選ぶ

ブレンドにはルールや決まりはありません。

自分が好きな香りを選びましょう!

目的を決めてオイルを選ぶ

エッセンシャルオイルはブレンドする事で香りに深みが出たり、成分の相乗効果が生まれます。

オイルが持つ特性から選んで、目的に応じたブレンドオイルを作ることが出来ます!

まずは、何に使うのか、目的考えましょう

オイルの希釈濃度

マッサージ用のブレンドオイルを作る時は、

エッセンシャルオイルを1~2%に薄めます

例えば10mlのキャリアオイルを作るなら2%の濃度にするには4滴必要です

計算の仕方は

10ml×0.02=0.2mlのエッセンシャルオイルを入れる

エッセンシャルオイル1滴は0.05mlなので

0.2ml÷0.05=4滴

となります!

セラピー目的で患部に塗布するブレンドオイルを作る際は、ブレンドする順番や配合によって化学作用が変化することがあるので特に注意しましょう

オイル同士の相性を考える

香りは相性が大切です

エッセンシャルオイルの香りはフローラル系、ハーブ系、柑橘系など7つに分類されます。

系統別の香りの相性

下記の【系統別の香りの相性】を参考にオイルを選びましょう

隣り合っている系同士が相性がいいです。

ブレンドする際は上の表を参考にし、相性のいいものを3、4種類選びブレンドするとバランスのいい香りが作れます。

特に柑橘系は他の系統と合わせやすく、香りが爽やかなのでお勧めです

2種類以上のエッセンシャルオイルをブレンドする際は、オイルの合計量を参考に作って見てくださいね!

次回は香りのノートについてブレンドのコツをご紹介します!

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次